【FX】トルコリラ円のスワップポイントで子どものお小遣いを作る

みなさんは子供の頃、毎月いくらお小遣いをもらっていましたか?

周りの人は一体いくらもらっているんだろう?

今の時代のお小遣いの相場はいくらなんだろうと調べていたら

これはトルコリラ円のスワップポイントだけで賄えてしまうのでは?

と思いました。

トルコリラ円のスワップポイントは1万通貨あたり約3,000円もらえる

トルコリラ円のスワップポイントは7月の時点でクリック証券なら1万通貨で1日あたり約110円もらえます。

1万通貨のみ購入した場合平均して1日あたり110円もらえると仮定して

これを単純に30日掛けると

110円×30日=約3,300円

がもらえる計算です。

子どものお小遣いの平均は中学生で2,502円

お小遣いの相場は下記の記事を参考にしました。

子どもの成長にともなって、おこづかいは上げたほうがいいのでしょうか?世間のおこづかい相場は?おこづかいの使いみちは?気になるデータを集めました。

これを見ると中学生までならトルコリラ円のスワップポイントだけで賄えてしまいますね。

倍の2万通貨を保有していれば月額約6,600円なので高校生のお小遣いもスワップポイントだけで賄える計算です。

必要な資金

まず大前提としてレバレッジは1倍にすること。

1倍にすればたとえトルコリラが1円の価値になってもロスカットはされないため永久にスワップポイントが受け取れます。

SBI証券さんでは7月23日現在、必要保証金一覧は1万通貨あたり314,080円が必要

ざっくりした計算で約8年経てば元手が回収できる計算ですね。

小学生入学から中学卒業より短い期間で回収できるので一番オススメの運用方法です。

第二の案としてレバレッジ3倍は多少のリスクはあるもののレバレッジ1倍とあまり変わらないリスクですので史上底値近くの今ならとても安心して運用できるのではないでしょうか。

SBI証券さんでは7月23日現在、必要保証金一覧は1万通貨あたり103,647円が必要

例えば子どもが小学校に入学した年から児童手当(月額1万円)で積立を始めておけば一年後には12万円貯まっていますから、レバレッジ3倍なら1年後にまるまるトルコリラ円に投資ができますね。

スワップポイントは決済前受取型と決済後に受取型がある

トルコリラ円の運用を始めてから知ったことなのですがスワップポイントは保有しているポジションの決済前にもらえる証券会社と、決済後にしかもらえない証券会社に分かれているようです。

それぞれ税金のことなどでメリット、デメリットがあるのでどちらがいいのかということは、目的によって違うと思います。

今回のように子どもの毎月のお小遣いとして充てるなら決済前にももらえる証券会社がいいですし、スワップポイントの利益を含んだら投資で年額20万円超えてしまうというような人は決済後にもらえる証券会社を選ぶのがいいと思います。

オススメの証券会社

お小遣いとしてスワップポイントを毎日受け取りたい方へのオススメはズバリ!クリック証券↓↓



オススメする理由は3つ

  1. スプレッドが狭い!
  2. スワップポイントが発生したら即引き出せる!
  3. スワップポイントが高い!

最初の方にも書きましたがスワップポイントが1日あたり約110円もらえるのは、業界でもトップクラスではないでしょうか?

スプレッドに関しても以下の画像を見るとわかりますが買いと売りの差が小さいんです。

私が早まって使ってしまった証券会社は6.8なのでどれだけクリック証券がいいのか一目瞭然ですね!

早くクリック証券に乗り換えたいけどポジションがマイナス益だから移せない…

ちなみにスワップポイントも私のところは1日あたり95円ですのでクリック証券よりも15円も違う…

保有ポジション
通貨ペア 建区分 建単価 数量 レバレッジ設定
トルコリラ-円 31.940 1 3倍コース

預託保証金
106,811円
ブログランキング



にほんブログ村 為替ブログ トルコリラへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする